banner

右折時の交通事故

右折時の交通事故による慰謝料について

交通事故の中でも右折時の対向車との衝突事故は非常に起こりやすく、また危険度が高いものです。特に複数車線の交差点で渋滞している場合などは、陰になり見えない車線から直進してくる場合もあり、なかなかその安全確認が困難な場合も多いものです。ただし、この形態の事故の難しいところは、双方の自動車が走行中であり、自動車の運転中は周囲の注意義務があるため、双方に事故の原因がある、すなわち過失があると判断されるところです。

一般的に、保険などの適用の際に問題となる過失の割合は、基本右折車が80%、直進車が20%の割合を基準にして、事故の現場検証における警察の判断を元にして決定することになります。しかし、大抵は飲酒や危険運転など大きな過失がどちらかにない限り、この割合付近で落ち着く場合がほとんどです。

また、乗っていた人が怪我をしてしまった場合には、この割合に基づいて加害者が被害者に対し怪我の治療費を負担することになりますが、この場合に注意しなければならないのは慰謝料の問題です。交通事故による怪我に対する慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料に分かれます。これらの費用は、実際に発生した治療費や、通院や入退院のための交通費、仕事を休んだ場合の休業補償などの他に、支払わなければならないと法律で定められています。また、その金額は弁護士が利用する損害賠償額算定基準というものがあり、この中に表として定められており、これを基準に事故の状況や責任の割合により算定されます。

これらの交通事故の場合には運転者よりも同乗者が怪我をする確率が高く、最も多いのがむちうちなどの外傷がない怪我です。この場合には外傷がないためその治癒状態がわかりにくく、通院が長引いてしまうことがほとんどです。ただし、通院回数が期間の割に少ないこともあり、外傷のある交通事故傷害とは別に算定基準が定められています。

また、むち打ちは後遺症が残る場合も有り、このような場合には損害賠償額算定基準において、後遺障害慰謝料の支払いの義務も発生します。このように交通事故を起こした場合には、被害者に対しての賠償が大きな負担となります。

しかし、交通事故は自分が十分に注意していても他車との関係や交通状態によって発生の危険が変化します。また、右折時の事故のような両者に責任がある場合の交通事故は当人同士では示談は非常に難しいものです。交通事故が発生した場合には当事者同士での示談交渉はせず、必ず警察と保険会社に連絡し、必要があれば弁護士にも相談して法的に円満な解決をすることを心がけることが大切です。

Copyright(c) 2014 交通事故に負けないための弁護士活用術 All Rights Reserved.