banner

間取りを考える

4人家族が厚木で仲良く戸建てで暮らす間取りを考える

結婚をしたのであれば、家族で仲良く暮らしていくことが出来る戸建てが欲しいと思うようになるものです。そうなってくると、将来的に子供は何人欲しいかというのを考えてみるといいでしょう。戸建てを考えるのであれば、家族の人数に合わせて間取りなどを考える必要があります。それというのも、家族の人数に比べて家が広すぎるとか狭すぎるという事であれば、生活がしづらくなってしまうからです。

ですので、家族みんなが暮らしやすいマイホームにするためにも、じっくりと考えてみるといいでしょう。例えば、子供が二人欲しいという事なのであれば、4人家族という事になります。もしも厚木で戸建てを建てようと思っているのであれば、どういった間取りが最適になるのでしょうか。そこで考えたいのが子供部屋をどうするかという事があります。子供が二人という事なのであれば、二階に子供部屋が二つと、夫婦の寝室、そして一階には客間として和室が一部屋、みんなで過ごすことが出来るリビングといった形が一般的ではあります。

ですので、厚木で4人家族で暮らすのであれば4LDK位が理想になるでしょう。そして、4LDKにしようと思うのであれば、部屋の広さはどうするかを考えてみなくてはなりません。まず考えたいのが、子供部屋に関してです。子供に一部屋ずつ与えてある程度過ごしやすい広さを考えるのであれば、6畳くらいの部屋にするようになるでしょう。

しかし、子供部屋は広くする必要があるでしょうか。それというのも、あまりにも過ごしやすい快適な自分の部屋を与えてしまうことによって、子供は自分の部屋にこもりがちになってしまいます。ですので、そこまでの広さを与える必要はないと言えるでしょう。出来るだけ家族と一緒に過ごす時間を長くできるようにするためにも、子供部屋を快適な空間にするのではなく、リビングを快適に過ごせるような間取りにしておく方がいいと言えます。

リビングが快適に過ごせるような間取りにしておけば、自然とみんなリビングに集まってくるようになります。そうすれば、家族みんなが一緒に過ごす時間が増えるようになるのです。戸建てというのは2階建てにすることが多いですので、1階と2階で親と子が分離されてしまうようなことにならないようにする工夫が必要になります。そのためにも、厚木で戸建てを建てる時には、間取りをよく考えるようにして、4人家族が仲良く暮らしていけるようにする工夫が必要になります。”

Copyright(c) 2018 厚木市で幸せマイホームを破格実現するための知識をまとめました All Rights Reserved.