banner

厚木で土地探し

チェックポイントに気を付けて厚木で土地探し

厚木に注文住宅を建てるなら、最初にすることは土地探しです。土地探しで最初に気を付けるのは、敷地の形状です。一般的には、長方形や四角形がほとんどですが、三角形や特殊な形状をした土地も販売されています。三角形や特殊な形状だと、価格は安くなりますが、設計をするときに間取りがかぎられてしまいます。自由に間取りを設計をしてもらうなら、オーソドックスな長方形を選びましょう。道路が面している方角も、設計の自由度には影響を与えます。
玄関や駐車場の位置を、道路側に設けることが多いからです。また、方角によって日当たりも大きく異なってくるので、一般的には南向きが良いとされています。

しかし、日当たりについては窓の位置や大きさ、隣家との距離によって変わってきますから、それほど考える必要はありません。日当たりに気を配るなら、風向きについても気を配りましょう。特に、風上にある土地に工場などがあると、煙や臭いなどが飛んできます。地図で確認をしたり、実際に厚木で土地を探しているときに確認をしておきましょう。敷地の形状以外にも、地盤についても気を付けなければいけません。

地盤が弱いと、大地震が起きたときに住宅が倒壊してしまうことになりかねません。不動産会社には、必ず軟弱地盤でないか確認をしておきましょう。また、厚木市のホームページで、ハザードマップを見ておくことも大切です。地震や水害など、ハザードマップを見ることによって、土地の危険度が分かるようになります。厚木で長く住み続けるには、非常に重要なポイントです。

土地探しで忘れがちなチェックポイントは、法規制についてです。売りに出されている土地は、都市計画法によって用途が決められています。用途だけではなく、建物の面積や高さなども制限されているので、購入する前には厚木の市役所などで必ず確認しましょう。確認を怠ってしまうと、理想の注文住宅を建てることができません。法規制については、絶対に忘れてはいけないチェックポイントです。

注文住宅を設計する設計事務所では、土地探しからサポートをしてくれることもあります。設計担当者と一緒に探すことにより、完成後の姿を想像しながら土地を選ぶことができるでしょう。また、チェックポイントも十分に理解しているので、後からトラブルになる可能性も少なくなります。
始めから専門家のサポートを受けていた方が、理想の注文住宅になるでしょう。”

Copyright(c) 2018 厚木市で幸せマイホームを破格実現するための知識をまとめました All Rights Reserved.