banner

分譲住宅購入について

厚木のメーカーと分譲住宅購入について

厚木等傾斜地の多い地域で、メーカーが販売する分譲住宅を購入する場合、最初に配慮すべき事項は、分譲地の造成工法となります。造成の工法には傾斜地を漉き取る工法と、傾斜地に盛り土を施す工法の二種類に大別すること出来ますが、概ね半分程度が漉き取り工法で、残りは盛り土等、様々な工法を酷使するのがメーカーが関与する厚木等、傾斜地の多い地域で分譲する場合の特徴と言えるでしょう。

漉き取る工法の分譲地は、地山であることが予測できる事から地面の強度は比較的安定している場合が多いので、それ程心配ないのです。反面問題なのは、盛土を施した場合です。盛り土を施した場合、敷地が安定し、建物を建てられるようになる期間は土の質等により大きく左右されますが、概ね3年ないし5年程度を目安としているのが一般的とされております。

さらに厄介なのが、半分漉き取りで半分盛り土を施した住宅地の場合です。先のように、全てが盛り土の場合は仮に土地が沈下しても、平均的に沈下することが予測できますが、半分漉き取り、半分盛り土の場合は硬く安定した地山部分沈下し難いのですが、残りの盛り土部分は沈下の速度が速まることが想定できるのです。

専門用語では「不同沈下」と定義しますが、この場合は建物に与える影響も甚大となり易いので格別な配慮が必要となります。

現在では、地盤調査を専門に行う業者もおりますので、厚木のメーカーが主導する分譲住宅の場合は、メーカー云々ではなく傾斜地であるが故の特別な配慮として、自らが専門業者に依頼し地盤を調査し、調査報告書を発行していただき詳しく説明を受ける事をお勧めいたします。
さて、分譲住宅には住宅が付随しているのですが、分譲住宅を購入する場合の建物について、どのような配慮が必要なのかについて触れたいと思います。
メーカーが主導する場合の分譲住宅は、基本的に完成した建物をご自身の目で確かめた後、納得して購入に至るのが原則ですから、瑕疵(不具合)等についてもご自身で目視し、納得した状態となることが予測されます。

けれど、目視できない部分として構造材や基礎工事が挙げられますので、完成した状態のみで判断するのではなく、可能であれば工事中の建物を見学する機会を設けるのも一案、との立場です。

さらに、住宅には有害化学物質を多用した住宅資材が用いられておりますので、JAS(日本農林規格)商品なので、シックハウスは大丈夫としない事も重要な要素であると考えます。”

Copyright(c) 2018 厚木市で幸せマイホームを破格実現するための知識をまとめました All Rights Reserved.