banner

交通事故の専門弁護士

交通事故に専門特化した弁護士に相談することの重要性

交通事故にあった場合、一般的なケースでは保険会社がすべて対応してくれます。しかしこちら側が過失割合0の完全な被害者である場合は、保険会社はその交通事故の当事者ではないため、法律の規定により対応することができません。したがってこのようなケースでは、被害にあった本人が加害者側、つまり相手方の保険会社の担当者と示談交渉をしなければいけないのです。
こういったケースのように、保険や法律に関してまったくの素人がその道の専門家と交渉する場合、望み通りの結果とならないのは誰の目にも明らかです。そこで最近の自動車保険では弁護士費用を負担する特約をもうけて、保険会社では対応できないケースに弁護士を雇えるようにしています。したがってこの特約のついた自動車保険に加入しているのであれば、費用の面で心配することはありません。
ただ問題は自動車保険にこのような特約をつけていない場合です。このような場合には本人が交渉するか、あるいは自費で弁護士を雇うかを決断しなければいけません。本人が直接交渉するとなると、上記でも示したように保険のプロとの困難な交渉が待ち受けています。本気で争うことになれば、証拠の用意やさまざまな書類の作成などにかかる労力も大変なものになります。
ですから多くの人は弁護士に依頼したいのが本心なのですが、心配なのは依頼した際に発生する費用のことです。確かに少額の賠償額を争うようなケースでは、費用がかさんで争う意味がないという事態に陥る可能性もあります。しかし世の中には交通事故にまつわる交渉に専門特化した事務所を構えている人もおり、そのようなところに依頼すればかなり賠償額が増額される可能性も十分あるのです。
そこで自身の交通事故のケースではどれくらいの賠償額が適当なのかを含めて、まずは専門家に相談してみることが大切になります。多くの場合、相談料は30分5000円ほどです。ただなかには相談料や着手料は無料としているところも存在します。ですからそのようなところに相談して、納得すれば依頼するというやり方にすれば無駄な損失を出さずに済むのです。なお専門家に依頼した場合、相談料や着手金などとともに成功報酬を支払う必要があります。この金額についてはそれぞれが自由に設定していますが、基本的には賠償額や示談金の一定割合、あるいは当初相手方が提示した金額から増額した分の一定割合が成功報酬となります。ケースによっては成功報酬の支払いにより専門家に依頼したメリットが少なくなることもありますので、事前にこの成功報酬の割合をよく確認しておくことが重要です。

Copyright(c) 2014 交通事故に負けないための弁護士活用術 All Rights Reserved.