banner

弁護士へ相談

交通事故の過失割合で相手側と対立したら弁護士に相談を

交通事故が起きた時には人や車、その他周囲にある物等に大きな影響を及ぼします。その程度は事故の大きさにも比例をしますが、その原因を作った責任はどちらにあるかという事では、双方とも言い分がある事が多く結果的に対立する事も多いようです。その為に双方の間に保険会社が入る事が通例となっているようです。

保険会社は契約者である事故の当事者の為に様々な交渉を行ってくれます。それでも保険会社では沢山の契約者を抱え、その対応に追われている現状から、その対応にも限界がある事も多いようです。増してや交通事故が起きた時の最大の争点とも言える過失割合については、多くの場合によって意見が食い違うものではないでしょうか。

そのように事故の当事者同士で対立関係になる時に最も頼りになるのは、弁護士かも知れません。勿論保険会社の担当の方も契約者の為に親身になって動いてくれる事も多いようですが、やはり成功報酬という関係で成り立つ弁護士の方が、より積極的に問題解決の為に奔走をしてくれるのではないでしょうか。

事故の際の過失割合で対立するのは、自動車保険会社の支払いにも大きく影響します。こちらが保険会社のみに頼る積りでいても、相手方の保険会社が弁護士を立てて交渉をして来られるような事があれば、太刀打出来ない事態になるかも知れません。交通事故の原因については一般に加害者と被害者が存在しますが、それでもどちらかが100%悪いと判断されるケースは少ない様で、殆どの場合は双方の過失割合を相殺する事となっている為に、保険会社にとっても過失割合の認定には必至になる事は当然なのかも知れません。

実際に過失相殺については、相手方との話し合いにおいて示談交渉を進める事となるようです。予め一定の基準があるという事なので、その基準から様々な要素を加算や減額をして保険会社は過失の数値を決定するようです。その数値で納得が出来ない場合にはその先には裁判という事も視野に入れる事となるでしょう。そのような事態になる事も考慮して、問題がこじれて来た時には早めに弁護士に相談をしておくのも必要かも知れません。いざ裁判となってから慌てて法律の専門家を探していたのでは、落ち着いて裁判に臨む事は困難となるかも知れません。

相談だけならば無料で電話やメールで出来る事も多いようなので、そういったサービスをまずは利用してみると良いのではないでしょうか。交通事故が発生した時に相手方の態度に悩むよりもまずは専門家に相談をする事が一刻も早く問題を解決する方法となるでしょう。

Copyright(c) 2014 交通事故に負けないための弁護士活用術 All Rights Reserved.