banner

慰謝料請求について

交通事故では慰謝料請求をすることができる

交通事故にあった被害者が、加害者に対して慰謝料請求をすることは正当な権利だと言えます。ただし、交通事故に関する慰謝料請求では様々な要因が絡んできますので、それを理解していないと相手に対して要求することが出来る金額に大きなばらつきが生じてしまいます。
まずは前提としてその点を理解しておかなくてはいけません。

では、そもそも交通事故の被害者になってしまった場合、加害者と言うのはどのような人を指すのでしょうか。実は、これは保険会社の人間を指すのです。

交通事故にあった場合には、直接加害者に対して何かを要求するのではなく、保険に入っている保険会社の人間との交渉になります。
ですので、交通事故でお金を貰うときには保険会社の方から法律の専門家がやってくると考えて間違いありません。
こうした人たちに具体的に請求することが出来る権利は二つあります。

一つは損害賠償で、もう一つが慰謝料です。
これら二つは勘違いをして認識されているのが非常に多い権利なのですが、実はこれらの権利は同時に行使することが出来ます。
前者の損害賠償に関しては自動車などのような物的被害に対する賠償で、後者の慰謝料に関しては人に対する被害を想定した賠償なのです。

仮に、交通事故によって自動車が大破してしまい、その過程で大きな怪我を負ってしまった場合には、これら二つの計算に入れた賠償額を相手に要求しなくてはいけません。特に、後者の権利に関しては色々な要因によって大きく要求することが出来る金額に違いが出てきます。
例えば、入っている保険の違いです。

強制的に加入が命じられている自賠責保険だけの場合では、一律に被害者に対してお金が支給されることになりますので計算方法が非常に楽になりますが、その分相手に要求することが出来る金額が小さくなると言うデメリットもあります。

反対に、任意の保険に入っている場合には自賠責保険では支払えない多額の金銭の要求を相手にすることが出来ますので、大きくなれば数千万規模のお金を相手に要求することも現実的に可能なのです。慰謝料できちんと理解しなくてはいけないのは、人的被害に対する度合いと言うのは必ずそのケースによって違いが生じることになりますので、証拠となる書類を用意しておかなくてはいけないことです。
治療にかかった時間や費用などが客観的にわかる証拠があれば、それだけで大きな金額を相手に要求することが出来ますので、その点はきちんと専門の法律家と証拠として何が必要なのかを相談しなくてはいけません。

Copyright(c) 2014 交通事故に負けないための弁護士活用術 All Rights Reserved.