banner

弁護士活用のメリット

交通事故の話し合いを弁護士に任せるメリットとは

交通事故は誰にでも起こりうる出来事です。ですからそのための備えとしてほとんどの人は自動車保険に加入しており、通常は事故が起きた場合、保険会社が相手方と話し合いをおこなって示談に至ることになります。
ただし保険会社が示談交渉をおこなえない場合もあります。たとえば過失割合が10対0になる事故の被害者である場合です。この場合保険会社が示談交渉をすることは法律により禁じられていますので、被害者が直接相手方の保険会社と交渉しなければいけません。このような場合、交渉のプロである保険会社と対等に話し合うのはかなり困難なことになります。相手方の提示した金額が納得できなくても、証拠をそろえ反論をすることができなければ泣き寝入りすることにもなりかねません。
そこでこうした時に活用できる存在が弁護士です。弁護士といえば裁判を連想しがちですが、交通事故などの示談交渉も職務の一つです。また法律でも交通事故に関する交渉をできるのは、保険会社を含む当事者を除いては弁護士しかできないと定められています。なかには交通事故に関するトラブルを専門的に扱っている人もいるほどです。
このような専門家に依頼することで得られる最大のメリットは、交渉にともなう余計なストレスから解放されることです。依頼してしまえば当事者側と連絡することもないので、直接的に相手方と対峙することはありません。なかには悪質な担当者も存在し、交渉時に嫌みや恐喝まがいな言動をする人物もいますので、そのような人と交渉しなくて済むだけでもメリットが大きいのです。
もちろん専門家ならではの能力の高さも魅力的です。専門的に扱っている人の場合、経験が豊富でスタッフや人脈もしっかりしていることから、個人が調査、交渉するよりもはるかに良い結果をもたらす可能性が増えます。
このようなメリットを享受することができる以上、当然ながら金銭的な負担が発生することは避けられませんが、相談料や着手金は無料で、増加した賠償金や示談金の中から一定割合を成功報酬として支払う仕組みのところもありますので、基本的に依頼して損をするということはありません。ただしなかには成功報酬の上限を当初の保険会社の提示額との差額以内と設定していないところもありますので、そのようなところに依頼した場合、少額の事故であれば費用がかさみメリットが無くなってしまう可能性はあります。もっとも最近は自動車保険に弁護士費用特約を設けているところが多く、この特約を契約していれば実質負担額を0円にすることが可能です。

Copyright(c) 2014 交通事故に負けないための弁護士活用術 All Rights Reserved.