banner

交通事故の弁護士について

交通事故弁護士の選び方について

交通事故を起こして、その被害者になった場合、通常は被害者自身が加害者やその保険会社と損害賠償額などについての示談交渉を行わなければなりません。被害者は、自身の通院や仕事、日常生活を送りながら加害者側と示談交渉しなければならないため、交通事故による肉体的ストレスのみならず精神的なストレスもかかってきます。

示談交渉の中で、加害者側が暴言を吐いたり威嚇をしてきたりするケースも想定されます。また、損害賠償額についても最大どの程度まで勝ち取ることができるのかについても、法律の素人では分かりません。こうした状況を打開するために、法律のプロである弁護士、それも交通事故専門の弁護士に依頼をする方法があります。

こうした専門家に依頼をすれば、相手方と示談交渉をこちらの希望を踏まえながら、すべてしてくれるため、依頼者は交通事故の治療はもちろんですが、自身の仕事や生活に集中できます。そうすることで、交通事故の被害者が持つ精神的なストレスや肉体的なストレスから解放されます。また、加害者も法律のプロである専門家に対しては、感情的になるのをやめ、暴言を吐くことを自重するため、示談交渉がスムーズに運ぶことと思われます。

専門家は法律のプロのため、どの程度まで損害賠償金をとることができるのか法律的に把握していますから、被害者よりも高額な損害賠償金を相手側から勝ち取ることも可能になります。また、これまでの事件や事故の経験から、事件や事故の示談に必要な専門家のネットワークを持っています。

例えば、人身事故の場合、被害者に後遺障害が出る場合もありますので、医学の知識をもつ医者などが必要になります。また、独自に事故現場を調査する、調査能力を持つネットワークを構成する専門家すらいます。専門家の中には、行政書士や司法書士もいますが、行政書士は交通事故の加害者や保険会社との交渉や訴訟はすることはできません。

あくまで書類作成がその業務です。一方で、司法書士は簡易裁判所訴訟代理関係業務の認定を受けた司法書士であれば、損害賠償金が140万円以下なら示談交渉はできますが、通常、後遺障害など重大な事故の場合は、損害賠償金が140万円以上となることから、司法書士に依頼することも制約が出てきます。交通事故弁護士の選び方については、これまでに同種の事案をどれくらい経験し、その結果どのくらい補償額を勝ち取ったのかという結果をよく吟味する必要があります。

Copyright(c) 2014 交通事故に負けないための弁護士活用術 All Rights Reserved.